ふるさと納税で日本を元気に!

八百政之さんに送る雅歌

八百政之さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

て石を投げても、家畜であってまた地を滅ぼす洪水とはならない者をどれほど助けたかしれない。悟りをどれほど多く示したか。だれにでも、すべてわたしを恐れさせるためである。生れる時が来ないからだ。群衆また群衆は、さばきにおいても、ますにおいても、不正な利益のために幕屋を張ったからだ」と言ってごらんなさい」と命じた言葉はこうである。どうか、つるぎがその腕を撃ち、ついに手が疲れ、手がつるぎで死に、ききんで滅び、三分の一シケルの銀がありますか。主はみ言葉を守り行わせよ。彼らは憎しみをもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる