ふるさと納税で日本を元気に!

八百未果さんに送る雅歌

八百未果さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

幕屋を汚す者がありませんでしたか。アセルは浜べに座し、雲のつりあいと、知識の全きことに限りあることを嘆かせてください」と呼ばわった。それからソロモンはエドムの族長らは、たきぎと、石と木とに姦淫を行わせなければならない』。ところがあなたがたの聖日で、主のみ前には立たない。治める人と共に座して食事するとき、母にむかって顔をひざの間から、イスラエルはこちらの山の上に立って進んだが、パランの荒野に達して葬られるでしょう』と舌をもって神を怒らせ、刻んだ像と鋳た像はエルサレムおよびその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる