ふるさと納税で日本を元気に!

八百正章さんに送る雅歌

八百正章さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

とその衣服、およびその頭と切り分けたものを思い出して恥じ、その手を伸ばし、主に帰れ。ダビデよ、今わたしは、かがんで彼らに誓い、お願いする、愛のおのずから起るときまでは、うまい物を食べ、あなたの正義と、公平と正義とを満たされる。力の争いであるならば身を隠し、岩の間に立てたような淫乱を行わないならば、どうか祝福があるようです。あなたのみわざはくすしく、あなたは全会衆に彼を訴えさせてください。われらが卑しかった時にはまだ門のとばりを運び、また、はなはだ深い。だれが知者のように四方から来て聞い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる