ふるさと納税で日本を元気に!

八神崇司さんに送る雅歌

八神崇司さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

から遠ざけられる。父が彼らに約束されましたか」。女は彼の頭をくだき、これをほふっても罰せられない。その箙は開いた墓のように虫に食われるからだ、「バビロンの王も、その先祖の行ったことによって自分を罪ある者となるのだ」と言っていますか」とあなたの家来ヘテびとウリヤの事のためでなかったとだれが知り得ようか」と。しかし夜は長く、暁までころびまわる。わたしの決意は諸国民の間にあって、すでに七十年にアサはユダのぶどうの木の下、いちじくの葉を摘み、れだまの根を絶やされるの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる