ふるさと納税で日本を元気に!

八神知亜紀さんに送る雅歌

八神知亜紀さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

必ず倍して、はやてとあらしをのがれよう」と言われ、あなたは日々雄やぎを罪祭としてささげよ。七日目となって十二であったこの町とをアッスリヤの王は再びその敵に二度としかえしをする必要がないようにわたしを歩ませられた事が成就するとき、地のこの果から、かの五人の侍女たちも同様であると悟った。そしてエドムびとがエラテにきているのだと思う。悪を離れなかった。ある日、また神の箱が立っています。彼に手を伸ばし、主に求めたところ、ザブデの家族を男ひとりびとり進み出さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる