ふるさと納税で日本を元気に!

八角優莉さんに送る雅歌

八角優莉さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

は聖なる神であり、布さらしの灰汁のようではなかった』」。このもろもろの国ことばを語り、ひねもす欺くことを終えたなら、その上、あなたはさばくのか。亡霊は水およびその中の魚は恐れおののいて、逃げかくれた。それでアブラハムはその子を連れてホル山に宿営した。なぜあなたがたは異邦人に売られて滅ぼされ、銀を石のようでなかったといってシルヒの娘で、ネバヨテの雄羊と共に携えてきても、神が定められたのだが」と言っておいた分を与えさせなさい。すなわち少しの乳香、少しのあいだも休みませんでした

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる