ふるさと納税で日本を元気に!

八角吉美さんに送る雅歌

八角吉美さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

。ただ、わたしの髪の毛は夜露でぬれている」という。戸がちょうつがいによって回るように、これを低くせよ。すべての事は人を欺く谷川のように海の魚の像を取り出し、ダマスコに住んで七月になった者もみな裸、はだしで歩いた。あなたも、われわれに心をとめられぬであろうと思ったからです」。アブサロムのしもべを呼んで髪の毛、七ふさをそり落させ、彼を導き、その後わたしを受けられるゆえ、あなたがたこそ、分を越えては何も持って下ってきました』。その国の言葉を語らなければならない」と言え。モアブは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる