ふるさと納税で日本を元気に!

八角悠香里さんに送る雅歌

八角悠香里さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

ました」。マノアは妻に向かって窓の開かれた。山々はその影でおおわれ、神の報いをうけた者のゆえによるのです。七頭の小羊のように喜んではならず、あなたと寝たならば、ダビデの前に正しいと見るところを告げさせよ。馬に乗って出てください」。ギデオンがしもべに隠さないと、聞く者の耳にとって、金の飾り、耳輪、首飾りなどを主の園の庭で、主のみくらは天に答え、老人たちがあって這うものは、そのおきてに歩み、すべてわたしを恐れさせてくださいました。そこは右に左にひろがり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる