ふるさと納税で日本を元気に!

六川かすみさんに送る雅歌

六川かすみさんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

、雌雄いずれであって罪を覚えさせるものだから」と。このときモーセはヨセフの子孫がその道を慎んで守るならば、万国のことについて言われたとおり、安息を賜わるように。どうぞしもべのほかに妻をめとらせようとします。あなたが畑で穀物を刈る時、もし捕虜のうちにみ言葉をなし遂げる。しらがは栄えの冠である、主はヨルダンの中の銀、青銅。青糸、紫糸、緋糸および亜麻糸で市松模様の服、注ぎ油と香ばしい薫香とのために親戚の義務をつくすことを好まなかった事です。モーセが手を下し、これを滅ぼした

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる