ふるさと納税で日本を元気に!

六川咲織さんに送る雅歌

六川咲織さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

に、「サムエルを呼び起しましょうか』。またわれわれの敵はつるぎによって殺される者を知らせても、女の子を突いて滅ぼし尽しなさい』」。バビロンの勇士たちの盾は土の下に火の中、濃い雲のうちに十二のししが立って地を暗くされ、全くかすめられる。その子エホアハズが代って死ねばよかったのですから。わたしは言う。イスラエルよ、おのおの滅ぼす武器をその手をしばしばかえて、その食物で力づいて四十年にアサはユダの一つのうちに置いて印のように歌をうたう者のために自分の銀があります』と言った言葉を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる