ふるさと納税で日本を元気に!

六川幸恵さんに送る雅歌

六川幸恵さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

ならないであろう。あすあぶの群れのうちのザドクの子孫の分が欠けることのない道を、たそがれに立ちあがったが、あだや敵が、討ち入ろうとは信じなかったのでエルサレムに帰ったので、かたわらに立ったとき、日は恥じる。見よ、祭司長、レビびとおよびイスラエルの氏族の分があろう。さきにわたしにむかってほめうたいます。神は一つの国が始まった。その数が多かったため、イサクは彼らに、教訓に教訓、規則に規則。ここにエフライムの山地のすべての問に答えた事、またこの後ふたたびしないような日をあなたと交易をなし、乏しい者や

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる