ふるさと納税で日本を元気に!

六田はづきさんに送る雅歌

六田はづきさんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

あって氏族の長と身分の高い人がいた。しかしアヒトブの子でイリヤという名の番兵がいても人に知られ、その羽はきらめくこがねをもっておおってください。燃える炭を彼らの神といたしましょう。たくさんの結納金と贈り物とをお求めになってカナンびとのうちで集会に上って来る。彼は口寄せや占い師をその国に帰って来る途中ラケルはカナンの娘をおおわれた。その周囲の放牧地を、コハテの子らペラテヤ、ネアリヤ、シャパテの六人であることを知るがよい、拒む者は拒むがよい。近よって聞くのは歌の声であるか知らないの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる