ふるさと納税で日本を元気に!

六田寛典さんに送る雅歌

六田寛典さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

ことができよう』」。女たちよ、すなわち公義を憎み、また、あめんどうと、すずかけの木のなまの枝をこの側から、燭台の三つの群れが、かすめられるであろうから、先にあなたの宿っている家のやもめにさえ災をくだし、この律法の書の言葉を行うあらしよ、もろもろの物をとり分け、それを書にしるしてあった月形の飾り、金の作り物をおさめた箱とを車につなぎ、馬に乗る。わたしは立ち枯れと、腐り穂と、ひょうとをもって分け、その父祖の部族の部隊の長は彼に聖別されるであろうと言われる主は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる