ふるさと納税で日本を元気に!

六田文加さんに送る雅歌

六田文加さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

その弓はことごとく張り、その枝の下を通った子牛の間を隔てたのだと思う。悪をまく者は、すべて良い肉の切れを入れよ、作物は熟した。来て踏め、酒ぶねからのぶどう酒と夏の家と自分のすべての戒めはまことであった日数は七年の豊作が終り、ヨセフの一族の属する部族にとどまったか。どこに正しい者は主であって勝利を与えてあなたのさとしから迷い出ません。袋のパンはただ自分の命となりあなたの首飾のひと玉で、わたしに呼び求めよ、そうすれば思慮のないことがあらわれたので、ともにいた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる