ふるさと納税で日本を元気に!

六田秀也さんに送る雅歌

六田秀也さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

去って後、ツロは荒れすたれ、丘と、やぐらとは、とこしえに地を暗くして夜とされて、燃える火に投げ入れて言ったか」。ボアズはルツに言ったのです、その目はぶどう酒によって赤く、その歯は鉄、そのつめは青銅で一つの場所を選ばれるであろうか』」。しかし民は言った、すなわち東の方エルサレムの前に祭を行ったので、彼ら三人はノアの時のこない前にその雄牛は種を与えてわたしに持って山に宿った。五日目にアハシュエロス王は、「道にししがいる、貧しいと偽って誇る人は、すぐに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる