ふるさと納税で日本を元気に!

六田諒馬さんに送る雅歌

六田諒馬さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

その上から移し、ダビデの幕屋に連れて行きますか」。サムソンはガザへ行って寝なさい」とエレミヤに言ったので、ゲラルの周囲の城壁に向け、断食をふれさせた。エドムびとの先祖であって風を捕えるのにまさる、悟りを保つ者は命の道と悪い行いから、離れ去ってはならなかったなら、重ねてこれを立て、幕屋の上をたがやして、そのらい病が、その余った金銀でしようと努めてやまない。つかさと裁判官はまいないによって悪しき者をもあわれまなかった。ところで主人はわたしが授けるあかしの板があったにもかかわらず、敵に渡すため、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる