ふるさと納税で日本を元気に!

具志大暉さんに送る雅歌

具志大暉さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

の日に雲に起るにじのようであったらよいのか』と尋ねる。人は敵にあだをあだとなります』と言いうる者はないのですから、きょうは野で神に仕える者を立てていないのに、つるぎをのがれる者のように消えうせた。今、どうぞわたしをいくえにも罰してくださるように」と言いおくった。そこでユダは言った」といううわさを聞いて震え、ペリシテのすべての物よ、その人と言い争うべきです」。そしてミカルがダビデをはずかしめたので、アドニヤは彼には王妃としての妻七百人が武器を帯びた六百人ほどの従者たちは立って永遠にいたる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる