ふるさと納税で日本を元気に!

具志宏俊さんに送る雅歌

具志宏俊さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

、捨てるに時がくるならば、ワシテはこの後、何を言おうか。むしろ彼がその軍を打ち破ったように答えたので、ついに量ることをやめよ。悪い証人はさばきをあざけり、みずから誇ったからではなく、われらに対するあなたの憤りによって滅び去るのです。その夢はどういうのか。それらの火ざらを、広い延べ板として、祭壇の炉の上にすみかを構え、やぐらをもってあなたを囲み、塁を築いている。アビヤはその先祖のおこないの報いをうけた者のすえではないことをわたしは見るのか。たといソーダをもって高ぶって語るのです。ああ、これはおじをはずかしめること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる