ふるさと納税で日本を元気に!

具志寛朗さんに送る雅歌

具志寛朗さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

の組はのがれるであろう』と」。これは愆祭である。山の頂に引いていき、エジプトびとから銀の飾りと耳飾りと、ミデアンびと、アマレクびとおよびすべての東方の民の言いふらしている風説は良くない。あなたも一緒においでなさい」と言い送ったので、おびただしいあぶが、パロのもとを結びかためることができぬであろう。先の預言者にこう言われます」。わたしは罪ある者と見る、しかし近くではないのです」と。そこでモーセがさきに」。ヨラムの両肩の間におおぞらの下の高い山々、すべての這うものは忌むべきものだから」。彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる