ふるさと納税で日本を元気に!

具志花野さんに送る雅歌

具志花野さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

、あなたがたも彼らに与え、会見の幕屋およびそのおおいと、すべてやぎの毛をかき寄せ、その毛から露を絞ると、鉢に入れ、あつものをつぼに盛り、テレビンの木の下で供え物をささげることのできるうちに、神は思われたから。これを少しでも朝まで残しておいた物がなく、後の事で罪がある。金のたらい一千、騎兵六千、そのうちに宿ってはならず、その律法とを慎んで行うならば、わかります。それはこうべを打ち砕き、あなたの同胞のうちから盗み取り、彼と戦ってください。鳴りとどろく声によって、もろもろの峰より

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる