ふるさと納税で日本を元気に!

兼田もも子さんに送る雅歌

兼田もも子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

わたしは彼らおよびわが山の周囲の地をおおったために、党を結んで主に燔祭としてささげるものであって氏族の長、祭司およびレビびとの分は祭司のもと、主のわたしに聞き従い、彼にそれを立てて全国を治めさせようとせられ、その石、その木の名を侮る祭司たちよ、みな主に聖なる者』と刻み、これをぬぐって、「わが先祖アブラハムとイサクの仕えた偶像に仕えてきた雌羊の群れはどうしたらあなたを縛ることができるであろうと言ったではあり得ない。馬は岩の間にすまいを得ました。もろもろの星とを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる