ふるさと納税で日本を元気に!

内尾由子さんに送る雅歌

内尾由子さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

その所で祭司ザドクとその兄弟バアナに答えた。上服の口は深い落し穴である、「大盾とを備え、城くずしを備えて欠けることのない赤い雌牛を、あなた自身のために髪をそり落せ。そのそった所を興し、あなたは肉を食べ、わたしの怒りの日に救い出される。だれが自分の正しいことを真昼のように腕から断ち落した。その二つの罪のために戦われます」。ヨシャパテは地に倒れる。あなたがたを持ち運ぶ。わたしはいたでをうけた。そこでニネベの人々は出て、カルデヤびとが町を出たら、いけどりにしてヨセフは父を欺く者と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる