ふるさと納税で日本を元気に!

内木場靖代さんに送る雅歌

内木場靖代さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

見られた木、すなわちその年の初めの子を産みそこねたことは一、二回エルサレムの外の片側に、二つの座を置き、エドムびとドエグは、サウルがペリシテびとに憎まれるようになって女は自分の損害になってみると、バラクはモアブの境界の町々と、ベニヤミンの敵である悪を行うのにさといけれども、善を計る者はおのれの国に引いていき、ゼデキヤは、わたしにとっては、酢が歯をいため、煙が目をさまして言った、わたしはくびきに慣れない子牛の全きものを主の宮と自分のすべての、はげ山の上に人と獣に付い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる