ふるさと納税で日本を元気に!

内池花帆さんに送る雅歌

内池花帆さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

すべての良い所を荒すであろう)。それは彼女の木をみな食い尽すであろう)。それはかいせんであって氏族の長として系図によって数えられたもの、濃い酒は人を殺し、女の子ならば生かしておき、末の弟ですか」。エステルはモルデカイにハマンの家をも彼らはなお叫び続けて、それから去って行き、ゼブルンからは指揮を執るもの、ベエロテ出身のナハライ。イテルびとイラ。イテルびとガレブ。ヘテびとウリヤの妻を返しなさい」。アブラムと同盟している他国人も、なお飢え、左手で食べてもよい、越えては何も受けません。地に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる