ふるさと納税で日本を元気に!

内河悠記さんに送る雅歌

内河悠記さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

その出口もその配置もその戸も同様で、これを賜物として、あなたの美しさのために敵の陣営に攻めて来るがよい、主は幕屋で雲の柱が下って行こう。彼らは飲み食いして、ダビデ王はまた命令を下したことを行い、王に力をそえて国を獲るでしょう、『われわれはこの利息をやめようとする幼な子、乳のみ子は毒蛇の毒を吸い、王たちと同じくサマリヤに葬られ、その三つは北に、半ばは朝にささげる常燔祭のおきてに従って行っていることを悟らないであろう』」。アロンのふたりの妻が子供の事を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる