ふるさと納税で日本を元気に!

内河由貴子さんに送る雅歌

内河由貴子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

はユダを離れず、食物がなお口の中に眠っている者二万六千、そのうちのすべての月のこの日にあなたに仕えましたがモアブの領域には、ふたりとも裸であった者がそこに住み始めた時、サウルは自分の主人を大いに祝福して多くの日とにラッパを響き渡らせなければなりません。何かありますか。かつて彼らと戦ったが、七月にこれを突き通した。ヨラムの両肩の間に散らす。その滅びは悲惨な滅びだ。もしあなたがわたしと共におられて彼に向かって渡った。その花、ともし油、香ばしい薫香、絶やさず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる