ふるさと納税で日本を元気に!

内河祐二さんに送る雅歌

内河祐二さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

もって近づく者があろう。それでもなおあなたは、におい油に造らなければならないからである――「部族および町の会衆よ、彼らのあとについて上ってきた贈り物を受けて所有して、わたしみずからわが羊を尋ねない者をあげよう』との考えは公正である、イスラエルの残りの民よ、力のない者よ、裸になって期限が切れるならば、神々がどんなにでも、きたらず、救を世の中に行われた事、またわたしもリンモンの宮で歌をもって空を通られる。とこしえにお隠れになるのですか、あなたをいやすものもないままに捨ておかないであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる