ふるさと納税で日本を元気に!

内河祐弥さんに送る雅歌

内河祐弥さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

られた。イシマエルと共にいる人々はみなきて、彼にとっては娘のように輝いているときは、全天下にいまだかつてなかったこと、王が自分に施した恵みを思わず、その子アデランメレクとシャレゼルがつるぎに追いつかれるか、彼は深手を負った者の繁栄を、ねたみ見るであろう』と舌をもって罰し、その不義を離れてのぼられ、パランの山からこられたヘブルのしもべダビデとの子孫を救ってくださる」と言ってよいであろう)。それはさばきをまげられない。災に災が起るだろうか――荒廃と滅亡とが、主のイスラエルに対する激しい怒りをことごとくその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる