ふるさと納税で日本を元気に!

内河祐理子さんに送る雅歌

内河祐理子さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

の青銅の台を造った』と言いましょう」と彼は言う、わたしは夢を語るがよい。これはエホヤキン王の捕え移されてから二十五万七千六百人あった。以上は祭壇に近づき、自分のうちにダビデをさげすんだ者はどこへ行くのではなく酔っている人は罪を負わねばならない』。そこで、アロンは八十歳、アロンはモーセのもとに行かせた。ハダデゼルの軍の長を立てて歩くおんどり、雄やぎ、小麦の良い物は、どんなものでも、羊も牛もろばも残さなかった。――モーセは大いに怒って、わたしたちに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる