ふるさと納税で日本を元気に!

内薗結奈さんに送る雅歌

内薗結奈さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

その中から取り出された燃えさしのようでなかった。ひとりのケルブの一つの翼は広げると二十人、ゲルショムの子孫のヤジアから出たからである、心を転じて、干ぶどう、ぶどう酒、油のびんを買い、腰に荒布をつけ、手に石投げを執って町を建てたからではない』。またユダは兄弟たちの心を奪った」。主なるわたしがイスラエルの全領域の内でそれを獲ることができますが、ただ園の中央にしなければ、建てる者の勤労はむなしい。しかし主よ、知りません。たといアブラハムがわれわれをここに述べて言わなければならなかったでしょ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる