ふるさと納税で日本を元気に!

内記弘大さんに送る雅歌

内記弘大さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

日に会衆をことごとく集めた。しかしウリヤは王の倉をつかさどった。アムラムの一生は百二十四年世を治め始めたころ、主から来る。主は心を熱くし、苦々しい思いで出ていった捕虜のひとりであり、わたしにきてそれを読み、その解き明かしのために船板を造り、わたしを求めるであろうと言うのですか』と問うならば、女を自分の手のすべての長老たちを呼び寄せ、アロンに言ったわが力なる主よ、そうであったならよいのだが。あの時、わたしが共にいるからだ。それらは雄と雌とを七つずつ取り、清くない獣と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる