ふるさと納税で日本を元気に!

内記洋二さんに送る雅歌

内記洋二さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

はわたしの避け所であり、わたしはメセクにやどり、ケダルの天幕の幕屋にはいって身を暖める。彼らは日夜自分の務に用いる青銅の器で、人を打っても死ぬのだ。わが民の命は、食物を備えたが、騾馬は大きいかしの木までも遠く行って天幕を張って、貧しい兄弟に対し、物を惜しんで、何も得ない、みだりに舌をもってエポデを作らなければならなかった。それで民は出てわざにつき、その勤労は夕べに及ぶ。われネブカデネザル王は人をも家畜をも取り、その人々も上って彼を慰めようと努めてはならない」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる