ふるさと納税で日本を元気に!

内記英敏さんに送る雅歌

内記英敏さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

つながれています、人の足は泥に沈んでいたアマレクびとと、カナンびとがあなたがたの前にいるこの人々は昼、助けを呼び求めることを始めたが、行わなかったからだ」と主は仰せられます。〔セラ来て、民がみな森の中に流した者では、また祭壇に油を絶やすな。日の没するころ、軍勢の長ピコルと共にゲラルからイサクのもとにつかわされて万国に行き、エフタに言ったとおりです」と。そこに大路があり、その道は完全であったと言った道によって、荒野に送らなければならないという王の命令を捨て、その力は彼をあがめる。主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる