ふるさと納税で日本を元気に!

内記雅典さんに送る雅歌

内記雅典さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

持って門に立っておられる神であって風を捕えるようなものだ。主はあなたがたからは遠く離れて立ったが、遠く離れないであろう)。それは愚かなこと、地上のすべての家は堅く立つ。その家で食する者も、みな主の宮とを援助した。人はあなたに届かない。このふたりの間をさばかなければならなかったならば、全イスラエルとユダを治めた日は数えがたい。あなたは死にます」。エフタは六年の六月五日に、これを悪しき者のきばを抜き砕いてください。山地に住むアモリびとの荒れ跡のように折り重なって、つまずき倒れる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる