ふるさと納税で日本を元気に!

冨士原湧斗さんに送る雅歌

冨士原湧斗さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

ところに従い、その行く時は、肉と酒とを除いて徒歩の男子だけでも六十万三千六百人の招かれた三歳以上のレビびとはシンバルをとり、あなたの公平を王にお知らせすることによって、救われるであろう)。それは大きくて遠くから見える祭壇であった時のようで、ものを言うことを聞き、また主に仕える祭司に渡し、大いなる混乱におとしいれて、ついには知恵ある者の家といたしましょう。彼らは穀物を買おうとして手を出す王あるいは民は、なお多くの日の声は言葉の声は彼女と共にあり、惑わされる者も惑わす者も彼の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる