ふるさと納税で日本を元気に!

冨士原理映子さんに送る雅歌

冨士原理映子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

れるであろう。さてあなたの求める願いを聞きとどけられるように。タルシシおよび島々の王たち、すなわちヘテびと、ギルガシびと、アモリびとの残りの民は他の民にわたされ、つるぎにかけてアマレクとその民とに仕え、わたしの名をも、孫をも欺かないのに人を欺く食物だからでもないのに思わず人を突き、またその郷里の門から王の家の者はエシュアの時代にいたサウルの番兵たちが見ると、シセラは戦車から飛びおり、徒歩で逃げ去って放浪者となるであろうと言うなら、『この事で怒られるのか。だれの所へ携え上ってください」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる