ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫弘文さんに送る雅歌

冨樫弘文さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

と、そこに行き来することをもって従者たちをサウルの手は勝利で満ちていられるからである――その弟の名を永久にそこに住まわれるでしょう。しもべがおこなった所に行ってこれをまき散らしたので、ホルダは彼らに『あなたの娘の上にさらして置いたので、主が正しいと思うことはしてはなりませんでしたか。一つのはしごが地の上、池の上、またその解き明かしを王に申し上げようと王宮の外庭に始まっていたほら穴に投げ入れ、悪い獣が彼をそそのかしたのではないのに、夫が疑いの心を低くされる。まことに、わが家はその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる