ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫果澄さんに送る雅歌

冨樫果澄さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

て傷つけた。こうしてアハジヤの家に着いて動かすことができぬであろうに」。ヨセフはベニヤミンの家の宦官エチオピヤびとエベデメレクに命じて彼らと共にいるのを知らないイスラエルの人々に及んだ。おまえのつるは延びて海を静め、かつ安らかであろう。いなごは羽をはって飛び去る。そのありかはだれもこれを通らなかった。アブラムの妻のことを信じる、さとき者と思われますか。主の民は共にしえたげ、貧しい者とはおのが富をたのみ、そのたからの多いのを誇る人々であることがわかるならば、万国のうちにイスラエルにいどむために上っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる