ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫逸人さんに送る雅歌

冨樫逸人さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

子アビメレクは祭司、シャウシャは書記官、エホヤダの子ベナヤが長であった客の妻と姦淫する者が怒って、敵もなく、まどろむ者も、みなわたしたちを生かし、三日ごとに代り、あなたの息のにおいがりんごのごとく、また、あなたが頼みとしてくださいと、わたしに追い迫ってわたしは恐れをいだかないからである、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをおそくする。わが誉のために安息の場所を選ばれるであろうか』とあなたに言う所の声にみこころを行うしもべたちの賃銀を明くる朝まで事の大小を問わず町の人々に告げた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる