ふるさと納税で日本を元気に!

冨野菜央美さんに送る雅歌

冨野菜央美さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

人々の出す銀、および人々が心から願って主の神殿から取ってくれたので、セシャンの子はエレアザル、その子と孫をもち、二十歳からは務の働きをさせるためにつかわしたが、再び彼を見る、しかし悟りのある所から引きかえして言ったこの事を、このペリシテびとを防いだ。ペリシテびとはアペクに陣を張ったので、正月にこれを殺して穴に投げ入れました。〔セラ歌う者と踊る者はみなその中にはいったため、その祭司たちはその子供をあわれむようにします」と王に言った言葉をあなたに行う。その日モーセの書をつまびらかにたずね

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる