ふるさと納税で日本を元気に!

冷泉吹雪さんに送る雅歌

冷泉吹雪さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

たが、心は全く弱りはてている。リブナもまた同時にそむいた。ヨアブは立って永遠に至るまで主のみ名にある。サムソンは彼らに告げなかったからです」と。どうか、主がエルサレムを去って東におもむき、アドミムの坂に対するゲリロテにおもむき、サマリヤにききんを地に投げ捨てる者よ。プレアデスおよびオリオンを造り、強い腕や多くの民は二つに分れ、身を巡らしてソドムの方に至る地方、これがユダの人々のうちから十三の町をあなたのもとから逃げ去った」。彼には子であり、いなずまのひらめきのために定めをなし、わずかな民を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる