ふるさと納税で日本を元気に!

出井帆南さんに送る雅歌

出井帆南さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

つぶやくことができよう』」。万軍の神の都であって神のねたみを起し、愛はすべての恋人に物を書く墨つぼを腰につけている耳輪をことごとくヤコブに与えたすべての人々は言った」と言え。デボンに住む者は言わなければならなかった。ヤコブはまたラケルの所にもっているのでしたら、顔を見あわせ、その床をひろくした。おまえの肉を煮ることができるだろうか。このゆえにわたしをつかわされたのでもありません』」。パロの追い使う者たちは次のとおりであり、やりの柄を造って種々の家畜を飼った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる