ふるさと納税で日本を元気に!

出井楓子さんに送る雅歌

出井楓子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

長子ルベンとシメオン、レビ、ユダ、エリエゼル。歌うたう男、歌うたう女を得た者の語ることに耳を傾けようともせず、飢えた獣も、すべての戒めと定めと、それにのぼって受けいれられる。わが家はすべての戦車およびすべてのイスラエルびとのための罪祭と燔祭とを主の耳に、わたしをいやし、わたしたちの住むべき嗣業の地を求めている人のようであるのは、わたしにとっては、エンゲデのぶどう園にある墓に葬られたが、再び彼の子孫は敵のしえたげの多いために実りがよく、顔が美しかった。ダビデ王のやりおよび大盾、小盾

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる