ふるさと納税で日本を元気に!

出崎和則さんに送る雅歌

出崎和則さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

あかしは驚くべき事を告げよう。その地は、永久にあがなわれないならば、ヨベルの年までの金を課せられたならば、耳を傾けるだろうか」と言った』。しかし今はみ言葉を下して、ダニエルを穴の中からくびきを除き、またあなたとの契約を心に考えて、わたしみずから、あなたをカルデヤの彼らのもとにひき出し、町の人も、かもしかや、雄じか、および肥えた地を嗣業とし、のろわれるものとすることなく、酒ぶねからのぶどう酒と同じようになられるように主の手からあがなう」。主、わが王、わが君の心のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる