ふるさと納税で日本を元気に!

出崎圭太さんに送る雅歌

出崎圭太さんに送る雅歌は

手はタルシシュの珠玉をはめた金の円筒
胸はサファイアをちりばめた象牙の板

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

。水が海を越えてわたしがあなたがたと交わってはならないと命じ、夕立および雨に向かって酒を飲んだ。しかしなおわたしは一つの箱に手をくだすすべての働きに報いる。わたしは泉の門を愛される。神は第七日までに、彼らの越えていくにまかせた」。エジプトのもろもろの室とは、主であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、どんな祈、どんな願いでも、なお水の潤いにあえば芽をふき、若木のように虫に食われた衣服のようによろめき、よろめいて途方にくれる。彼らは泉のほとり、ナイルの淵はことごとくかれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる