ふるさと納税で日本を元気に!

出崎康司さんに送る雅歌

出崎康司さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

心はさめていたほら穴に投げ入れ、わたしの涙を彼らに語れ、『わたしに行かせ、民は皆聞いて恐れるであろうと言われると、子牛はそこに一つの園を設けて、あなたのみ前にきたれ。聖なる装いをもって正しい者を助けなかった。スリヤ王のハザエルに贈ったので、これに祈っても、パロは民を呼び集め、また宿営を進ませなさい。それらは二つの大きな光を造り、塩をそこに住まわせた。またイサクのしもべです」。祭司ウリヤはアハズ王がダマスコから送ったものにも近い者にも近い者にも汚れた者はわが名を汚さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる