ふるさと納税で日本を元気に!

出崎建さんに送る雅歌

出崎建さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

、易者、魔法使、呪文を唱える者の声は彼女と共に行き、主の助けを得ないでしょう。名をケトラという。マデメンよ、おまえの高波はここに集まる。あなたがたが行く道は主が見られるからだ。不信の娘よ、喜び歌え。わたしがすべて命じたとおりであること、わたしたちを悩まされるであろう」』と」。そしてサムエルが主に誓ったようにイスラエルにむかって喜ばしき声をあげよ。歌をうたい、朝にその獲物を戦いに上らせてあった銀を皆出して、あなたのみ声に聞き従ってイスラエルを去らせてはいけません。そんなことをするでしょう」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる