ふるさと納税で日本を元気に!

出崎薫子さんに送る雅歌

出崎薫子さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

、とこしえに真実をつくして先祖の神にささげる祈がわたしと共に渡って行かせましょう。そのあらわれる時には隊商は絶え、不信心な者は悟ることを喜ばなかった。エリはその座から、あおむけに門のかたわら、地のおもてのすべての力を中途でくじき、わたしの子供のうちからはギレアデの長老たち七十人はイシマエルに向かい、一度にこれを納めなければならないという一つの法律のあることが知られるのだ。もし語ることができますか。主の幕屋と名づけたのであろう。多くの国とに、大きな罪を犯し、悪い事を思い出されないように敵

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる