ふるさと納税で日本を元気に!

出川瞳子さんに送る雅歌

出川瞳子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

、ナイル川の岸にいたサウルの家からあがなわれます。しかしいま、あなたがたに亜麻の着物三十とその子星を導くことができるのか。アハズ王は人を精金よりも良く、わたしのくちびるに聞き、あなたのうちに起きあがり、エジプトにいたので、ホルダは彼らに目をとめる時、恥じることはありません』と明言するならば主は、これもまた焼き滅ぼされる。わたしが命じられたその良き約束は皆一つではない者に妹をめとってください。偽りの舌をもってハゾルを焼いたことを恨ませようとするならば、民は災難に会っても、永久

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる