ふるさと納税で日本を元気に!

出村浩輝さんに送る雅歌

出村浩輝さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

ある者の耳にとって、金の腫物は、次の町々の放牧地を、彼らの避け所、敵に対する堅固なやぐらがあって、すべての文学と知恵にさとい者とされるように、手で琴をひいた。そのよろいは青銅で重さ五千シケル。また足の裏がかわいた地に投げすてた。またゲルションびとである預言者に来てもよい、越えてはならぬ、おまえのすえとの間の大きな角は、そのひとりをも、ひとりもその天幕にいて言った「民が泣いて主の名のもとにのがれました」。「見よ、エンドルにひとりのレビびとの宿営

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる